Slide background

Megaphone誕生ストーリー

Megaphone(メガフォン)は、iPhone専用のスピーカー(アンプ)です。
メガフォンは、現在わたしたちの周りにあふれている最新のテクノロジーを駆使した製品とは相反するものをコンセプトに開発されました。
テクノロジーは、現在のわたしたちの生活になくてはならないものですが、電気エネルギーを消費します。

Megaphoneの制作にあたっては、最新のテクノロジーを使わず、徹底的に昔ながらの伝統的な製法にこだわりました。伝統的な製法にこだわることにより、身近にあるものの価値や可能性に気づいて頂きたいという思いがあります。それとは対象をなす、最新のテクノロジー機器も素晴らしいものがあります。iPhoneに代表される、近年ユーザの増加傾向にありステイタスにもなりつつあるスマートフォンなどです。

エコ • ナチュラル • iPhone

私どもは、身近にあるものを最大限に利用し廃棄物を出さないためにも、昔ながらの知恵である伝統製法を採用しました。工場にある資源を有効活用して製品を作成することに注力しました。

また、最新のデバイスだったiPhone4に注目しました。iPhoneは携帯電話としては素晴らしいスピーカーを備えていましたが、部屋いっぱいに音を響かせ音楽を楽しむには音量が足りないのです。

わたしたちはまず、「テクノロジー」やiPhoneで使われる以外の電源を使わずに、いかに受動的にiPhoneの音量を拡大できるかを研究しました。この製品から音響性能と美学を表現できるように、常にデザインと機能のバランスを保つよう努め、何度もテストを重ね、様々なデザイン案や機能面を研究してきました。

Megaphone(メガフォン)の2つのコンセプトである「根本に立ち返る」ことと、「ロー・テクであること」を明確に示すために、わたしたちは、古代から使われている素材を選びました。それが、陶器と木材です。陶器はガラス状の素材で、音の振動を響かせるのに適しています。それに対して、丈夫な木材で出きたスタンドは、置き場所と本体の接地面をできるだけ最小限に抑えるようにデザインしました。木材は人類が最初にモノづくりやツールとして活用した素材です。

私達が素材として選んだ陶器や木材は、ナチュラルでエコ・フレンドリーです。さらに、常に私達の生活環境の 身近にある素材です。それら陶器や木材は、プラスチックや電子機器などの人工的な素材と比べて、より人間の文化に根づいています。

100% Made in Italy

徹底してイタリアンブランドにこだわって作られているのもMegaphoneの特徴です。デザイナーはもちろんのこと、使われている陶器や木材もイタリア産、さらにイタリアの職人による手作りにこだわり、100% Made in Italyを実現しています。

このMegaphoneのアイディアやデザインは、全てイタリアで考案され、開発され、プロデュースされました。スタンドは高級品であるイタリア産のクルミ材を使用しています。Megaphoneのボディは、伝統的な陶器で有名なVicenza(ヴィチェンツァ)地方のNove(ノーヴェ)という街の陶器で作られています。18世紀以来、Noveは陶器生産の中心地となってきました。18世紀当時はそのクオリティの高さから中国製の陶器と比較された程でした。

Megaphone本体を形作るクレイ(粘土)は、フィレンツェのすぐとなり町のMontelupo Fiorentino(モンテルーポ・フィオレンティーノ)産です。ルネッサンス期、Montelupoはイタリアのみならずヨーロッパ全土の中でも著名な陶磁器の産地でした。Montelupo陶磁器のいくつかは、中央アメリカやフィリピン、スコットランドなどで、ヨーロッパ初期の考古学的発掘物として発見されています。Megaphoneを通じて私達は、このイタリアの土を世界に広め続けたいという想いがあります。

想い – 古き良きものを見直し本質に立ち返る

現在私たち人類は、私達の身近にある古き良きものを、本質的なものを見つめなおす時代に直面しています – 私たち人間がすでに持っているものが最良の状態で与えられているということを再認識する時代になってきているのです。そして、自然からの“魔法”に笑顔になる時代…この“魔法”とは、MegaphoneにiPhoneを置くだけで音楽が奏でられるような、人を魅了する魔法です。

私たちは、このMegaphoneの作品にシンプルな自然の魔法を利用しただけです。

Megaphoneを通して私たちはあなたへ驚きと笑顔を届け、すでに私たちに与えられている古き良き自然界のモノの価値をお伝えしたいのです。

MegaphoneImage

About logo

イタリアンデザイナーズブランンド

en&is design(エン&イズ デザイン)は、イタリア・ミラノのデザイナー、Erinco Bosa(エンリコ・ボーサ)とIsabera Lovero(イザベラ・ロベーロ)のコラボレーションユニットです。日本でもおなじみのモレスキン、スワロフスキー、サムスン、エレクトロラックスなどを手がけるプロフェッショナルデザイナーの2人が組んで誕生したのが、Megaphoneです。

イタリア・ミラノといえば、デザイン界では注目の都市。エリンコとイザベラは、二人ともミラノ工科大学(Politecnico di Milano)でIndustrial Design(工業デザイン)を専攻し卒業しています。エリンコはプロダクトデザイナー兼インテリアデザイナー、イザベラはプロダクトデザイナー兼ジュエリーデザイナーです。

2007年以来、en&isスタジオは他企業との協業により、マーケティングから概念定義、製品開発に携わってきました。この経験によりen&isのエリンコとイザベラは、各分野で様々なタイプの作品をデザインする強力な手段としてのプランニングプロセスをマスターしました。

en&isは、テーマを持ってプロジェクトに向かい合い、創造性と技術の融合を提供し、消費者との関係を育んでいます。またen&isは、「エコで地球環境に優しい」をコンセプトにしているので製品の生産台数と経費や資源のバランスを保つよう努めています。このアプローチにより、作品を観る人に何かを訴えかける詩的な作品を提供することと、en&isの作品で全てのお部屋にステキな空間を造る魔法をプレゼントすることを目指しています。en&isの全ての作品は、粋な魔法により人々を笑顔にし、モノで溢れかえった現代社会への意味を問うものになっています。

en&isデザイナーの2人が、「テクノロジーを使用しないでエコな製品を造れないか?」と試作したのがMegaphone White(メガフォンホワイト)です。当初は製品化するつもりはなかったのですが、展示会で飾ったところ多くの人からの「製品化して欲しい!」とのラブコールに応えて商品になりました。

その後、Megaphone Black(ブラック)とMegaphone Gold(ゴールド)の3色展開になり、プラチナ、カッパー、グレーとカラーを増やし、さらにはminiシリーズも発売されました。

en&is designから日本へのメッセージ

enis400-copy

Megaphoneのできるまで(ハンドメイドの工程動画)

LINEで送る
Pocket

All content is © 2013-2016 by Megaphone Japan. All rights reserved.